×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

現在のオペ室には、お手洗いや器械室(apparatus room )、手術準備室を作り、オペをしながらレントゲン撮影するためのX線装置を付けるか、付近にレントゲン用の専門部屋を備えるのが慣例であるようです。皮膚科ではよくある湿疹の汗疱とは総じて手や足の裏、指と指の間等に細かい水疱がみられる症状で、通常であればあせもと勘違いされ、足裏に現れると足水虫と勘違いされるケースが結構あります。年々患者数が増...

高齢化に伴う難聴というのは、ちょっとずつ聴力が下がっていくものの、通常は還暦過ぎまでは聴力の悪さをしっかり自認できません。痒みを伴うのが大きな特徴のいんきんたむしとは、医学的に股部白癬(こぶはくせん)と称されている、かびの一種である白癬菌が陰嚢(いんのう)や股部、お尻などの部位に感染し、定着した病気の事で、俗に言う水虫です。まだまだストレスがかかって、蓄積してしまう構造や、便利なストレスのケア方法...

常識で考えると骨折に至らない位の弱い圧力でも、骨の限定的な部分だけに継続的にパワーが加えられることによって、骨折が生じてしまうことがあるので留意する必要があります。下腹部全体の強い痛みの元凶となる病には、盲腸と間違われやすい大腸憩室症、尿路に石ができる尿路結石症、完治が難しい潰瘍性大腸炎、細菌感染などによって腹膜が炎症を起こす急性腹膜炎、女性特有の病気等の病名がございます。BMIを調べる計算式は日...

食事中は、食べようと思った物を単に口に入れたら、約20回噛んで飲み込んで終わりだが、カラダは、それから不平を言うこともなく稼働して、食物を身体に吸収する努力をし続けているのだ。大きいものでは40cmになるものまである環状紅斑というものは輪状、言い換えれば輪っかのようなまるい形をした紅色の発疹・湿疹や鱗屑等、皮ふの病気の総合的な呼び名であって、発生する原因はひとつではないと教えてもらいました。真正細...

診断が難しい悪性腫瘍の一種である卵巣ガンは、正常なら人の体をガンを抑止する働きをする物質を生産するための鋳型のような、遺伝子の変容が原因で発病してしまう病気だと言われています。人の耳は、耳殻側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳(middle ear)」「内耳(inner ear)」の3部位に区別されますが、中耳の周辺に黴菌やウィルスが侵入して炎症が誘発されたり、分泌物や滲出液が溜まる病...

2005年(H17)年以後、新規に特定保健用食品のケースに、「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」というような警鐘の記述が必須となりました。素人判断では、折ったか否か見極めできない場合は、違和感の残る所にある骨を弱い力でプッシュしてみて、そのポイントに強い痛みが走れば、骨が折れている場合があります。普段から横になってTVを見つめていたり、机の上で頬杖をついたり、かかとの高い靴等を常...

野菜の持つ植物性化学物質、フィトケミカルの仲間のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質について、肝臓の解毒酵素の自然な生産活動を促進しているかもしれないということが見えてきました。栄養バランスの優れた食生活や適切な運動は言うまでもなく、フィジカルとメンタルの両方の健康や美容の維持として、欲しい栄養を補うために様々なサプリを摂取する行為が標準になりつつあります。アルコール...

耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森林のスギやヒノキ、マツ、ヨモギ等の大量に飛散する花粉が誘因となって、くしゃみ・目のかゆみ・鼻詰まり・鼻水等の苦しいアレルギー反応を発症する疾患として誰もが知っています。UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特筆すべき点があるので、大気中に存在しているオゾン層でその一部が遮られるのですが、地上まで来たUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のDNAを損壊させたりして、...

塩分と脂肪分の摂取過多を控えた上で、続けられる運動を心がけ、ストレスを溜め込まないような暮らしを意識することが狭心症をもたらす動脈硬化をストップさせるキーポイントだといえます。自分で外から眺めただけでは、骨折したかどうか区別がつかない時は、痛めてしまった範囲にある骨をやんわり圧してみて、もしそこに激烈な痛みが走れば、骨が折れている場合があります。鼻の周辺や頭皮などを中心に起こる脂漏性皮膚炎とは、皮...