×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

未知なる新型インフルエンザ

インフルエンザ(流行性感冒)の万全の予防法や、医師による処置など、このような必ず行う対処策というものは、たとえ季節性インフルエンザでも、未知なる新型インフルエンザであっても同じです。

恐れていたとおり婦人科の検査で、女性ホルモンの量が基準値の範囲を下回っており早発閉経だと診断された場合は、錠剤などで足すといった医療的な処置で女性ホルモンの量を上昇させることができます。

結核への対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」に従ってなされてきましたが、それから半世紀後の平成19年からは多くの感染症と同じように、「感染症法」という名称の法律に即して遂行されるように定められました。

要するにAIDS(エイズ)とは、ヒト免疫不全ウイルスの感染により罹患するウイルス感染症の事を言い、免疫力が低下して日和見感染や、がんなどを誘発させる病状のことを称しているのです。

うつ病は、脳の中の神経伝達物質の一種であるセロトニンの濃度が低くなり、不眠、憂うつ、強い疲労感、吐き気や食欲の低下、気分の落ち込み、集中力や意欲の低下、自殺念慮および自殺企図など様々な症状が出てきます。


普段の食生活では補いにくいビタミンの一つのビタミンDは、Ca(カルシウム)とP(リン)の吸収を促す働きで注目を集めており、血液の中のカルシウム濃度を微調整し、筋肉の収縮活動を微調整したり、骨を作り強くしてくれます。

収縮期血圧140以上、拡張期血圧90以上の高血圧になると、身体中の血管に強い負荷がかかり、終いには身体中至る所のあちこちの血管にトラブルが起こって、合併症になってしまう確率が増すので危険です。

基礎代謝(きそたいしゃ)とは、内臓を動かしたり体温を維持するために必要なエネルギーのことを指していて、大多数を様々な骨格筋・“沈黙の臓器”と呼ばれる肝臓・スーパーコンピュータである脳の3種類が消費しているのです。

呼吸器感染症の季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンに関しては、過去の調査から、ワクチンの予防接種効果が見込めるのは、ワクチンを受けた日の14日後くらいから5〜6ヶ月くらいではないかということです。

酒類に入っているアルコールをクラッキングする役目のあるナイアシンは、嫌な二日酔いに非常に有効です。吐き気を伴う二日酔いの要因とみられるアセトアルデヒドという化学物質の分解にも一役買っているのです。


健康を推進するWHO(世界保健機関)は、波長が長く皮膚の奥まで届くUV-A波の限度を超える浴び過ぎは、皮膚にトラブルをもたらすとして、19歳未満の若者がいわゆる日焼けサロンを利用することの中止を強く勧告中です。

暗闇だと光量が不足して見ることが困難になりますが、そのことにより層瞳孔が開くので、目の水晶体のピントをフィットさせることに過度なエネルギーが使用されるので、その結果、明るい場所で何かを見るよりかなり疲れるのが早くなるといえます。

食事の際は、食べる物を口へ入れたら、数回咀嚼して飲み込んで終わりだが、人体では、そのときから全くもってよく稼働して、食物を身体に吸収するよう励んでいる。

「肝臓の機能の低下」は、血液検査項目のASTやALT、それにγ-GTP(ガンマGTP)等3つの値で分かりますが、特にここ数年肝臓の機能が悪化している方々が確実に目立つようになってきたということが注目されています。

1型糖尿病という病気は、膵臓に在るインスリンを産生するβ細胞が「異物」と認識して壊れてしまうことが原因で、患者の膵臓からインスリンが微々たる量しか、生産されなくなることで発病する糖尿病なのです。


更新履歴